旦那から『妻が大好きすぎる』と思われる妻の特徴

旦那さんから『妻が大好きすぎる』『かわいすぎる』そんな風に思われたくないですか?

そこまではウザいという人も居るかもしれませんが、一度は好きになって結婚した相手だから仲良くお互いに心地のいい距離でいたくないですか?『旦那があまり話を聞いてくれない』『褒められる事が減った』など。

そうならない為にも旦那さんからいつまでも『妻が大好きすぎる』と思われる愛され妻の特徴を今日は書いていきたいと思います。

 

・旦那から女として見られていないような気がする
・旦那から『好き』などの愛情表現が減った気がする
・あまり会話をしていない
・今は仲がいいけどいつまでもラブラブな夫婦で居たい
 
 

愛情表現の量は減って当たり前

 

長年、連れ添うと良くも悪くも【慣れ】が生まれます。

旦那さんからすると、言い方を悪くすれば『楽な相手』となりますが、よく言えば一番自分を分かってくれている、信頼できる相手が奥さんなのです。

付き合ったばかりの頃は自分の為に一生懸命に尽くしてくれたけど今は…。なんてご家庭も多いのかなと思います。

【釣った魚に餌をやらない】これはとても多いですね💦

また、もともと男性は言葉にするのがあまり得意ではないのですが、そもそも家族の為に一生懸命働いたり疲れていても家族をどこかへ連れていくのは、それこそが一番の愛情表現なんです。

その感覚は私たち妻には全く理解できませんが、、例えば疲れて早々男性さんが寝てしまう日が続いたとしても、妻は会話が少ないと感じがちですが、一緒に寝る事や一緒に暮らしているのに会話が少ない事で寂しく感じる気持ちがあまり理解できないそうです。

 

余談ですがそもそも人はそれぞれ男女間で望む距離感が違う事を知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

夫から『妻が大好きすぎる』と思われる妻の特徴

 

太陽のような笑顔

 

いつでもニコニコして、帰宅時には満面の笑みで出迎えてくれる妻は夫としても可愛くて仕方ありません。

『今日も家族の為に頑張ってきた甲斐がある』と疲れも吹き飛ぶ事でしょう。

自分で自分の機嫌をとれるご機嫌妻は何よりも愛され妻になれます。

育児が大変でイライラして鬼のような血相になっていませんか?

それも非常に分かりますが、イライラを切り替えてニコニコで生活できると良いですね 😀 

また生理前でイライラしがちな時期は事前に伝えるのが得策。

なんで機嫌が悪いのか分からない時が一番、夫は怖いので機嫌がどうしても悪いときは伝えるようにしましょう。

また家の照明を明るくするだけで妻が美人にも見えるようですよ。笑

スポンサーリンク

女性らしさを捨てない

 

裸でウロウロしたりしていませんか?自分磨きはしていますか?

見た目に何も気を使わなくなると女性として見ずらくなってしまうので、恋人のような甘い関係はだんだんと失われ【家族】としての意識が強まるでしょう。

どれだけ忙しくても肌ケアを怠らず、家族で出かける際にはメイクをし、多少のお洒落をして出かけるようにしましょう。

普段は見えないスケベな下着なんても良いかもしれません。

『もう母親だから』や『もう××歳だし』と割り切るのではなく母親になっても自分が女性であることは忘れずにいつでも周りに自慢のできる綺麗な奥さんで居る努力をしましょう。

最低限の自分の身なりはキチンとすることを心がけるのが必要です。

 

適度に甘えて、適度に甘えさせる

夫婦と言うのは心のよりどころ。一番に頼りたい相手なのです。

妻から甘えられるのはまんざらでもない旦那さんが多く、また時には夫を甘えさせてあげる事も必要です。

日常的にスキンシップが多い方が結婚しても恋人のような関係性で居られる事が多く、お互いにお互いの頼りになりながら生活をする事で絶大な信頼関係がはぐくまれるでしょう。

 

一生懸命に家事をする

 

一生懸命に家事をする事で居心地のいい家になります。

生活や精神を整えるために掃除や整理整頓は大切、健康や日々の喜びのために料理が大切、毎日ふかふかの布団で寝れる幸せ。

などといった生活の充実が生まれます。

また料理上手な妻が居る家は夫の不倫率が低い事も分かっています。

 

親を大切にしてくれる

 

旦那さんとしては妻が妻の親と同じように自分の親も大切にしてくれたらそれは嬉しい事で、より妻に対しての愛情が増します。

感謝の気持ちを伝えたり、父の日や母の日の贈り物をかかさないなど旦那さんの周りをも大切にする事ができるのは愛され妻の特徴です。

義理の両親といえど、結婚したら自分の親でもあります。また旦那さんと出会えたのは義理の両親あってこそです。

孫を大切にしてくれることも含めて、感謝の気持ちを形や言葉で表現できたら一番いいですよね!

 

恋人や夫婦で望む距離感タイプ4

 

この度合いが夫婦で違っていると、どちらかが『どこか寂しい』と感じてしまいやすくなります。

付き合った当初は『いつも一緒が良い』と思いがちですが3年以上して、恋愛感情が落ち着いてからがその人が本当に望む距離感が出てきます。

また夫婦ともなれば、一緒にいて当たり前な存在なので、本来自分が望む距離感のズレを感じたら相手に伝える必要があります。

 

①いつでも一緒タイプ
…心地良い距離感が『0センチ』の人は自分が好きな人や信頼している人となら何時間、一緒に居ても苦にならない。
夫婦でなんでも共有したいし、常に一緒に行動したいと考える人

 

②二人の距離はすぐに触れれる『30センチ』
…相手と一緒に過ごしたいし近い方が良い。一人の時間よりも二人の時間を優先したいタイプ。
このタイプは一緒に居ること自体が幸せなので特に会話をしなかったとしてもそれだけで幸せに感じます。

③二人の距離は手を伸ばした『80センチ』
…相手とほど良い距離を保ちたがる人が多く、二人の時間と同様に一人の時間も大切にしたいタイプ。
普段はお互いの自由を尊重しあい、ある程度の距離を保ちながら共の時間は喜びや楽しさを倍増させたいと考えるタイプです。

④一歩離れた『200センチ』
…一人の時間を楽しめるタイプなのでお互いに干渉しすぎずに自立しながらも適度に二人の距離をもち、協力し合える関係を望むタイプ

 
 
望む距離感は人それぞれなので、冷めたとか恋愛感がだんだん無くなってきたという訳ではなく一緒に暮らすうちに個々の本来の求める形になっていくのはごく自然な事です。
 
 

求める距離感が違うと感じたら言葉で伝える

 

再三、言ってきたように男性に対して不機嫌になっても逆効果です。

『もっと一緒の時間が欲しい』『もっとスキンシップがしたい』などは言葉で伝えるのが一番いいと思います。

態度で示したら余計に愛され妻からは遠のいてしまいます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は心がけているだけで出来るような事をピックアップしてみました。

・太陽のような笑顔
・女性らしさを捨てない
・適度に甘えて適度に甘えさせる
・一生懸命に家事をする
・親を大切にする
 
全開のコチラの記事も好評です♪
 

合わせて読んでみてください。

またその他こんな記事もアップしています。

 

 

 
 

 

最新情報をチェックしよう!