妻はすぐ不機嫌になる!イライラ妻の取扱説明書

さて前回までは【男性と女性の脳の仕組み】を更新してきましたが

今回はそれを踏まえて、より良い女性との関係性を築くために

総集編を書きたいと思います 😀 

妻は感情的になる生き物

感情的になりやすい
共感重視
白黒ハッキリさせたい
自信過少
 
 
スポンサーリンク

感情的になったらどうするか?そっと聞き役へ

妻が感情的になるとき。

泣きながら物事を訴えられること。

旦那さん一度は経験があるのではないでしょうか?

こんな時、

『えぇ⁉そんないきなり泣くなよ』と思うのでしょうけど

違うんです。妻はその物事を訴える前に最大限、我慢してきました。

だから我慢の限界が来て涙が出るのです。

そんな時、夫は

『なんでそんな我慢したの?もっと早く言ってくれれば良かったのに…』

と思うのでしょうか。

『言わなくてもそれぐらい分かる』【匂わせ】

これで妻からすると夫は分かってくれているものだと思ってしまうのです。

何度も何度も、形は遠回しだったかもしれないが伝えてきたつもり。

なのに、気付いてくれないから我慢の限界が来て

泣きながら不満を言うような状況になってしまうんです💦

ベストアンサーとしては

『気付かなくてごめん。そんな風に考えていたんだね』

気持ちに対する共感をしてあげましょう。

抱きしめる事で女性はストレスがかなり軽減するので

感情的になっている妻は抱きしめてまずは落ち着かせてあげる

と話し合いが落ち着いてできる状況になると思います 😀 

妻の愚痴へアドバイスするととばっちり

悩みに対してはアドバイスしてほしい、

パートナーの意見も聞きたい。ですが

愚痴に対してやイライラモードの時は

アドバイスするとあなたに矛先転換してしまうので共感すると良いと思います 😀 

イライラしている時に解決策なんて求めてなくて

【それはイヤだったね!君は悪くないよ!】

と極端にえこ贔屓すると女性自信が謙遜の気持ちが出てきて

『もしかしたら私も悪かったかも…』と思い直す事もあります。

公平なジャッジではなく、味方で居てあげること。

そんな他人の愚痴で喧嘩になる必要なんてないですから

これが良いのかなと思います 😀 

スポンサーリンク

女性から白黒迫られたらハッキリと答える

『結婚はいつなの⁉』

『趣味と私どっちが大事なの!?』

『いつまで○○を続けるの?』

こんな風に迫られる状況が無いのが一番ですが

女性は自分よりほかの物事を優先されたり、いつまでも未来の話をしてこないと

真剣に私の事考えているのかしら、と不安になります。

その、どっちかはっきりしてよ!

という前に女性は我慢したり、察してほしい行動や言動を

勝手にしてきてます。

男性からすると

『そんなの知らんがな』でしょうけども…

例えば、ゲームが好きなら『ゲームばかりして!!』

と怒ってくるような形で事前通告です。

『○○ばかりして!!』

これは要注意ワードです。

『ばかり』と思う程に、あなたが思うよりもっと前から

女性は不満に思っていました。

それでも変わらなかった、改善されなかった時に

迫るのです。

猶予は長くありません。

結婚なら、例えばゆくゆくは…とか

三年後くらいかなぁ…とか。

その前から我慢してたので、もうそんなに長く待てる状況じゃないんです。

『この人は私を大切にしてくれないのかも』

と思っている時に逆ギレするのだけは止めましょう。

『今度からこうするね』

と言ったなら約束は守りましょう。

『言ったのに直らない』これは物事によっては仕方ない

と諦める女性も居ますが

『この人はやっぱり大切にしてくれない』

と確定したら女性は一気に冷めてしまいます。

妻は自信過少

女性はこんな私を愛してくれるのかしら…

もっといい子がいるのに…

あなたが思っているよりも、とにかく自信がありません。

どう考えても綺麗な人だったとしても、

私なんて…

と思ってしまいます。

言い換えれば自己否定なのですが、

『僕にとっては君が一番いい』という事を何度も伝えてあげてください。

特に、『妊娠中』や『子育て』をした女性は自分でも

自分が疲れた顔をして体型も崩れ、

引きこもりで女性として魅力がないと思っています。

言いにくいでしょうけど『かわいいね』とか言ってくれるのが理想ですね。

時と共に甘い言葉は減っていくのかもしれませんが

『好きだよ』と伝えてください。

行動だけでは実感できない女性が多いので、

自分はこんなにも大切にしているのに伝わり切っていない可能性があります。

それではすれ違いがおきてしまうので少しでも良いから女性の思考を

理解して貰えたら良いなと思います。

最新情報をチェックしよう!