30代の女性美しくいるには?妻の皆さん諦めないで

こんにちは、今日は【女性の美】

について書いていきたいなと思います。

女性の美は年齢によって変わってくることと考えています。

さてどう変わるのか、年齢に応じた美しさって?

そんな事に目を向けながら書いていこうと思います。

30代奥様にはなにが必要か。

私は20代はとにかく可愛くいれるように心がけてきました。

【可愛い】は色々ですが追求し続けてきました。

というか、可愛ければ大半許される

とまで思ってきました。

さて、30代になり、もう可愛いは限界があるんですよねWW

そもそも母親だし、どんな母親になりたいか考えたときに

【可愛い母親】ではありませんでした。

30代がどれだけ可愛くしても、23歳程度の一番可愛い年齢の人達には

かなわないんです。

40代手前のおばさんになってロリータのような服を着れないでしょ?

さてそれで【30代は美しくありたい】

と私は思いました。

スポンサーリンク

美しいって置き換え言葉は品

私の中で細く、ルックスを整えている事は当たり前なんです。

というか、背も低いし子供も産んで胸はぺちゃんこで

モデルの様な体型にもともとなれない事は自分でも分かっています。

というか『目指すだけ無駄』です。

子供いて抜群のスタイルって、難しいですよね?

抜群って出るとこ出て引き締まる所しまっている、事だと思うんですが

子供産んだ方なら多く共感頂けるかと思いますが

これは豊胸しない限りは無理💦💦

そんな中でも出来る事にたどり着きました。

それが【品格】です。

品格ある女性とはなにか。

【品格】と一言に言ってもいろいろあります。

その言葉を考えたときにとても品がある女性が二人浮かびました。

この二人に共通するのは育ちがいいんです。

エレベーターがついている様な豪邸暮らしで、ブランド服しか着たことがないような

裕福な家庭で生まれ育った様です。

ただ裕福なら品が良く育つかっていうともちろん違くて

両親の愛情と正しい厳しさと、またその両親や一族自体の品の良さ

すべてが人の育ちを作ると思います。

スポンサーリンク

育ちは今更、どうにもならない

今更、育ちなんてどうにもならない

と思いがちですがそうじゃなくて

後天的にも身に着ける事は出来るんです。

まずはあなたの育ち=当たり前の基準

が美しいものか、品があるものかを確認する必要があります。

「育ちがいい人」だけが知っていること

本当に当たり前の範囲しか書いてなかったので

これが出来ていなかったら大人の女性として品格に欠けている

可能性があります。

続きは明日にします 😀

最新情報をチェックしよう!