とにかくエビになれ!(無痛分娩のレポ)

さて、1人目のビックベビー誕生から数ヶ月!

二人目の妊娠が発覚しました♡

 

予定よりずっと早かった事もあり、嬉しさと年子育児の不安がありました。

しかし、せっかくお腹に来てくれた事もあり迷わず産む事にしました。

 

今日は二人目の出産ストーリー(無痛)を書きたいと思います♡

前回の三度刺しなおし事件を生かし、今回は気合を入れて挑みました!

 

出産数日前から入院

 

 

正産期に入る数日前からおしるしがあり、早産兆候があったので

入院する事となりました。

 

上の子は私の実家は遠く、旦那の実家も頼れる状況じゃなかったので

旦那が子守をする事になりました。

しかもコロナで一時保育も難しく、仕事を休んで

24時間育児……

 

不安しかない 🙄 

私ももちろん、旦那自身も不安がない訳ではないでしょう。

だって、まだ話す事もできないような赤ちゃんですから。

入院する前に長女のおもちゃやミルク、食事など極力買い出しに行かずに済む

状況を整えて、病院へ。

前年同様に病院へ送ってもらいながら、また

最期かもしれない別れを告げ←

入院が始まりました♡

 

スポンサーリンク

入院開始

 

 

見慣れた病室で、また去年の出来事を思い出す…( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

採血をして、

去年、三回も挿入されなかったけど今年は大丈夫だろうか。

不安しかありません。

食欲も…無い…。

と思ってたら夕飯は

親子丼だったのでしっかり完食しときました←

旦那と頻繁に電話をしつつ、上の子は元気に変わりなく過ごしていて安心しました。

処置が始まるまでに、ネット検索。

『無痛分娩 コツ 受ける人』

『硬膜外麻酔 コツ 患者』

ひたすらこんなワードで予行練習←

出てくるのは打つ側(麻酔科医)のコツばかり。

それでもひたすら調べていくつか出てきたコツを残しておきます。

 

・エビぞりになり、背中を突き出すイメージ
・お腹を見るようにする
・緊張しすぎない
 
こんな感じ。
一度入ったから、次もうまくいくと思えればいいんだけど
三回目でやっとだから、もしかしたら前回はたまたま入っただけで
今回は入らないかも…
なんて思ったり。
基本的には入らないのは極度に肥満だとか丸まる事が困難とか…
要するに先生の腕次第みたいです。
 
そうこうしてたら、ついにその時が!!!!
 

硬膜外麻酔の前処置

 

 

きました、きました。この時が!

先生が来る前に看護師さんに血圧を測ってもらい、

私『去年、三回も刺しなおしたんですけど皆こんな感じなんですか?』

と聞いたら

看護師さん『うーん、三回は多いけど人によるよねー』

出ました、パッとしない返事!

私『産むのよりこの麻酔の処置の方が不安が大きくて…』

看護師さん『とにかく丸くなるんだよ!エビをイメージしてね!』

私『怖すぎて動悸がする』

なんて言いながら本当に一度でうまく入る事を切に願っている話をしました←

そうこうしてたら先生、登場!!

先生『はい、こんばんは-これから麻酔の処置をしますねー』

去年同様のテンションで先生は現れた。

私は去年の何倍も気が重い。

私『先生。去年、刺しなおしになったんですが、患者側のコツってありますか?』

先生『お腹をよく見て、最大限まるくなって下さい』

あぁやっぱネットと同じこと言ってる…

アルコール消毒を終え、丸くなるよう指示をされ

私は大きなお腹を抱えながら極力、丸くなった。

息苦しいくらいに丸くなった。

背中は言われた通りに突き出し、

『先生、これでどうですか?』と幾度と聞いた。

『こわい、本当にこわい』と看護師さんに言ってたからか、

前年とは違う方だったが、頼んでもいないのにまた手を握ってくれた←

丸くなった私に針を刺す先生…

今回はうまくいくか!?!?

頼むから一発で…激しい動悸に襲われながら看護師さんを見ていた。

スルスル…と背中に入ってくる感触!!

これは!!!もしかして!

と思ってたら、看護師さんが無言で何回も何回もうなずいて教えてくれた(;’∀’)

先生『はい、終わりです』

まさかの一発成功!!!!!

嬉しすぎるーーーーー( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

『ありがとうございます。』『一度で入れてくれて本当にありがとうございます』

何度もお礼を伝えた。

何なら、握手したいくらい先生をあがめた。

 

スポンサーリンク

出産前夜

 

 

病室に戻ってから旦那に終わった事を報告したら

『よかったね!普通は一回で入るものなんだよ』

と言われ、この喜びを分かっては貰えなかった←

私としては一発成功がものすごく、嬉しかったのに。笑

それから夜空を眺めながら、明日ついに出産かぁ…

なんてたそがれる訳もなく、明日頑張らないとだから

今のうちに色々食べておこ!とプリンやお菓子で1人パーティーをした。

そろそろ寝ようかなと1時過ぎ…眠りについたものの4時に目が覚める。

あれれ…これって…

 

開始前に陣痛

 

 

なんかお腹痛い!!

痛くなるペースを測ったら5~7分間隔…

えっ…

三度くらい確認した後にナースコールをした。

あれよあれよと子宮口やNSTチェックをして貰ったら

子宮口は2センチ程度だけど陣痛来てるね!

って 😯 

しかもこの病院は時間外だと無痛やってない……

 

看護師さん『先生に相談したら無痛にするために朝まで点滴で陣痛止めてもいいよって』

えっ……ナニソレ。

しかしまぁ、点滴で無理やりでも陣痛を止めて、無痛分娩できるなら

もうそれでいいや!と思い

お願いする事に……

旦那は4時では寝てるだろうし、もう少ししてから電話をしようと思っていたので

あれよあれよと陣痛をストップさせるために張り止めの点滴を……

痛みに耐えながら6時…あと2時間で先生が来る…無痛ができる。

6時でまだ早かったけど兆候を知らせようと旦那に連絡。

私『陣痛来ちゃって、時間外は無痛できないから陣痛止める点滴されてる!』

旦那『えっ?』

私も後に思えば、変な処置を受けたなぁという印象。

そそくさと電話を切り8時になるのを待った。

それから先生が来て麻酔を投与開始!

早く頼みすぎて力めない

 

前回はギリギリまで我慢しすぎたせいで、麻酔効くまで結構な痛みを我慢したから

今回は早めに麻酔を追加して貰おうと決めていた。

少し痛みが来た段階で、麻酔の追加をお願し早めから痛みを分からなくして貰った。

痛みはほぼ無し。

しかも10時になる頃には子宮口が4cmも開いた。

はやい!!

そして11時半ころには子宮口10cm到達して、ついに足が固定された!

助産師さん『もう生れるからね!』

やっときた!

今回は麻酔が効きすぎて上手く力が入れれずにいたから

体力の消耗が半端ない!

途中で眠くなるし、お腹もすくし、もう最悪!

極限状態だった。

助産師さん『あと2回かなぁ』

やっと終わりが見えたが3回過ぎてもまだ出てこない💦

助産師さん『右側の頭がひっかかってるね』

( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

上手く手で回してくれて、2700グラムの頭大きめボーイのご誕生~👏

 

産後

 

やっとの思いで出産を終えると

『ご飯食べれそう?』

産後、15分の頃にちょうど昼食だった。

もうペコペコだったから産後15分にも関わらず迷わず食べる事に。

お腹いっぱいにもなり部屋に早く戻って寝たかったけど

出血量が多く3時間は分娩室に居た。

それから部屋に戻る事になったけど、足に力が入らない…
立ち上がれず。
車いすで病室まで運んでもらい、後陣痛は二日にわたり続いたけど
この時も本当に無痛にしてよかった!
と思った。
 
そんな感じで長くはなりましたが無痛は気持ちに多少余裕が持てるから
楽なんて言えるほど楽ではないけど
私は無痛を迷ってる人にはオススメしたいです!
 
あと抱き枕めっちゃ良いのがあってこれはずっと使いました♪
 
 

最新情報をチェックしよう!